アーノルド・シュワルツェネッガー、オバマ大統領よりも良い大統領になれる発言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーノルド・シュワルツェネッガーはオバマ大統領よりも自身の方がアメリカのために良い仕事が出来ると思っているようだ。2003年11月から2011年1月までカリフォルニア州知事であったシュワルツェネッガーは、オバマ大統領やその運営陣よりもアメリカ国民のために良い仕事が出来ると確信しているというのだ。

オーストリア出身のシュワルツェネッガーが大統領の役職につくことは不可能なのだが、もし自身がアメリカに生まれていたら大統領選に立候補していただろうと3日(木)、シドニーで行われた『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のオーストラリア試写会の場でこう話している。「僕のポジションは誰とも交換する気はないよ。でもみんな知っているようにもし僕はアメリカ生まれだったら、大統領におそらく立候補していただろうね。現在務めている彼らよりももっと良い仕事をするよ。信じて!」「まあでもその仕事はできないし、文句をいうつもりもないよ。なぜなら僕が人生の中で成し遂げてきたことすべてはアメリカのおかげだからね。だから大統領になれないことに対して文句をいうつもりはないんだ」

シドニーで行われた試写会には、共演者のジェイ・コートニーのほか、フェリー・アーヴァイン、タイ・ハラ、フラー・イーガン、サシャ・シモネらオーストラリア人セレブたちも参加した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop