ジーン・シモンズ、シェールと交際中にダイアナ・ロスと三角関係になっていた!?

キッスのボーカルとして知られるジーン・シモンズがシェールと交際中にダイアナ・ロスに恋してしまっていたという過去を明かした。1980年代にシェールと交際中だったジーンは、シェールの親友であるダイアナにクリスマスプレゼント選びを手伝ってもらったことでダイアナに恋してしまい、シェールを傷つけることになってしまったのだという。「最初は俺とシェールが付き合っていて、マリブで一緒に住んでいたんだ。あるクリスマスにシェールに何が欲しいか聞いたら、『私の友達のダイアナ・ロスに電話してみなさいよ、彼女は親友だから私がまさに何が欲しいか教えてくれるわよ』って言ったんだ。だからダイアナに電話して、一緒に買い物に出かけたんだ。そしたら俺たちのお互いへの気持ちが急速に発展しちゃって、付き合うことになったんだ」

そのことで長年友人関係にあったシェールとダイアナの関係を台無しにしてしまったのだとジーンは続けた。「たぶんそのことがあって以来、シェールとダイアナは口もきいていないと思うよ」

現在では妻シャノン・ツイードとの間に2人の子供を持つジーンだが、ダイアナと正式に交際を始めてからは素晴らしい2年間をともにしたと語った。「ダイアナ・ロスは俺を安定させてくれる存在で、結局は2年間も付き合ったよ。彼女が自分という人間に自身を持った力強い女性であるところが大好きだったね。そこが一番魅力的なところだよ。もし男がその女が男なしでも生きられると思えば、そこが決め手となるんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop