ボビー・クリスティーナ・ブラウン、14歳の頃から薬物中毒だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボビー・クリスティーナ・ブラウンが14歳の頃から薬物中毒であったと新刊で書かれている。イアン・ハルパリンによる非公式の伝記『ホイットニー・アンド・ボビー・クリスティーナ:ザ・デッドリー・プライス・オブ・フェイム』では、今年の1月に自宅の浴室で意識不明の状態で発見されて以来昏睡状態が続いているボビー・クリスティーナが15歳を迎える直前に手首を切ったうえ母ホイットニー・ヒューストンを刺そうとして精神病院に入院していたと記されている。

さらに自身の薬物問題に手一杯で娘を助ける余裕がなかったとされるホイットニーが2012年に他界して以来、ボビー・クリスティーナの態度はさらに無謀なものになっていたようだ。ある関係者は「ここ2年くらい、ボビー・クリスティーナはワイルドで無謀なおかしな連中とつるんでいました」と話す。これまでにマイケル・ジャクソンやブラッド・ピットとアンジェリーナジョリーについてなど物議を醸す書籍をこれまでに執筆している著者のハルパリンに対し、地元の薬物中毒者はボビー・クリスティーナが浴槽内で発見されたのは薬物中毒者が意識回復のためによくやるように水浴びをしようとしたためではないかと話したという。さらにハルパリンは「この人物は誰かが過剰摂取に陥った場合、意識を回復させるために色々な方法があるとしながら『僕はお風呂でやろうとした人を見たことはありませんがね。冷たいシャワーを使って助けたことはあります。冷たい水を浴びせて叩いて起こすんです』と話していた」と続け、「これにより、救急隊員が目にしたと言われている顔のあざの説明がつく」と結論付けている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop