ブリトニー・スピアーズのマネージャーが心臓手術を受け回復中

ブリトニー・スピアーズのマネージャーが心臓手術を受けたようだ。マイリー・サイラス、ニコール・シャージンガー、スティーヴン・タイラー、アヴリル・ラヴィーンなどトップアーティストらを抱えるラリー・ルドルフ(51)が、心臓弁置換手術を受けて現在回復中であることを友人のジェフ・ビーチャーが認めた。

ニューヨーク・プレスビティリアン病院に今月1日(月)に入院したラリーは翌日に手術を受けた後急速に快方に向かっており、たくさんのお見舞い客とプレゼントの品々が回復を助けているとジェフはニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄に話した。「ラリーはとても愛されているよ。彼は機械のように、とても順調だよ」

13年前にも同じような治療を受けていたラリーは、今回も前回と同じ担当医が執刀したと伝えられている。今回の手術の前に、ラリーは治療を受けることに「本当にポジティブ」であり、「数か月で通常通りに戻る」計画をしていると話していたようだ。

ラスベガス・サン紙によると、ラリーは今後回復のためにタホ湖で休養する予定だという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop