ネイサン・サイクス、ザ・ウォンテッド再結成の噂を一蹴

ネイサン・サイクス(22)がザ・ウォンテッド再結成の噂を一蹴した。昨年1月に活動休止した同グループだが、ネイサンはシヴァ・ケインズウォラン、マックス・ジョージ、ジェイ・マクガイネス、トム・パーカらメンバーと再度共に活動する可能性に疑問を抱いていることを認めており、今はそれぞれの活動を楽しんでいると話した。キャピタルズ・サマーボール・ウィズ・ボーダフォンの会場で活動再開について尋ねられた際、ネイサンはBANGショービズにこう話した。「分からないよ。明日そうなるかもしれないし、10年後になるかもしれないしね。でも今はみんなそれぞれの活動に満足しているところなんだ」

活動中にリリースした3枚のアルバムは全て全英チャートトップ10入りを果たすヒットとなっていたが、ネイサンは現在ソロ活動に集中しているところであり、グループとしての今後については予想もつかないと続けた。「面白いもんで、一緒にいる時はみんな『いつ解散するんだ?とか活動休止するんだ?』とか聞いてきたのに、それが実際に起こると今度は『いつ活動再開するんだ?』ってなるんだよね。だから、上手くいかないもんなんだ。でも何が起こるかなんてわからないもんだろ」

そんなネイサンは、グループとして何年も活動した後にソロとしてのキャリアをはじめるにあたり、自分1人で歌うことにさらなるプレッシャーを感じたと明かしている。「すごく楽しんでいるけど、やっぱり今までとは違うよね」「グループの時みたいに間違えてもばれないことを願ったりは出来ないんだ。ウェンブリー・スタジアムみたいな大きい会場だと特に見上げると大スクリーンに映し出されているから、間違えた時には、やっちまったーって気になるんだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop