チャーリー・シーンが深刻な食中毒に

チャーリー・シーンが「悪くなった貝」を食べたことで「深刻なケース」の食中毒となり、病院で治療を受けていたようだ。チャーリーは現地時間8日(月)午後11時ごろ、出前の食事をとった後に気分が悪くなり、救急医療隊員をロサンゼルスの自宅に呼んだといわれている。その後、チャーリーは近くの救急センターに搬送され、検査を受け水分補給をされたりした後、90分以内には自宅に帰されたという。

チャーリーの広報担当ジェフ・バラード氏は、チャーリーが出前したシーフードパスタに入っていた悪くなった貝を食べたことによって「深刻な食中毒」になったことを認めた。さらに、バラード氏はメールオンラインに「念のため、病院に行きました」「病院はチャーリーの検査をして、水分補給をし、自宅に帰しました。90分後には自宅のベッドに帰っていましたよ」と続けた。

TMZ.comによると、チャーリーは気分が悪くなり始めた際に、直接医療チームではなく、消防部に連絡していたそうだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop