デヴィッド・ゲッタ、2016年サッカー欧州選手権の公式テーマソングに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デヴィッド・ゲッタが2016年UEFA欧州選手権で自身が手掛けた公式テーマソングを披露することになった。デヴィッドは同選手権の公式ソングを執筆兼プロデュースすると発表されており、来年10日(水)にパリのスタッド・ド・フランスで行われる開会式で同曲のパフォーマンスを行うことになるようだ。デヴィッドは「母国で開かれるこの大規模のサッカートーナメントに参加できるなんて...本当に楽しみにしているよ。お祝いと楽しさというところにおいて、音楽とサッカーは連動するんだ。この欧州選手権を今までになく最も大きく、記憶に残るイベントにする手助けをしたいよ」とコメントする。

デヴィッドは公式ソング作曲だけにとどまらず、同選手権のスタジアム内での音楽や世界に向けたブロードキャスト用の曲なども手掛けることになり「僕らがすること全ての中心にファンのみんながいて欲しいんだ」と続ける。 

過去にはリアーナ、ケリー・ローランド、シーアらともコラボしたことのあるデヴィッドだが、今回のテーマソングにボーカルが入ることになるかにおいては明らかになっていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop