『Mr.ビーン』でおなじみローワン・アトキンソン、愛車を15億円で売却!?

ローワン・アトキンソンが愛車を800万ポンド(約15億円)で売却したようだ。『Mr.ビーン』などで知られるローワンは、2011年の交通事故の後に作りなおしたマクラーレンのF1スポーツカーをこの巨額で売却することになり、イギリスの車両売却史上最高額の記録を打ち出したようだ。時速240マイル(約386キロ)を誇るこの車両をローワンは1997年に64万ポンド(約1億2000万円)で購入しており、730万ポンド(約14億円)もの利益を得ることになる。

ローワンにこのレースカーを販売した特別車のディーラーであるデヴィッド・クラーク氏はザ・サン紙にこう語る。「みんなこの販売に喜んでいます」「世界中から興味を集めていたんですが、結局はイギリス人の買い手に渡りました」「イギリス国内の売買において最高額レベルですし、ローワンも喜んでいます。でもあの車で4万マイル(約6万4000キロ)も走りましたので寂しくもあるようですがね」

ローワンは別の人がこの車を楽しむ時が来たと感じたことを理由に、今年のはじめに売りに出していた。当時ローワンは「誰か別の人に楽しんでもらう時が来たんだ。僕が買った時にはそのデザインの質に惹かれたけど、今では価値となっているからね」と話していた。

ローワンは1999年と2011年にその車で事故を起こして大破させている。2011年の事故後、マクラーレンによる修復費に90万ポンド(約1億7000万円)を要し、1台の車に対するイギリス史上最大となる保険金が支払われていた。それを受け、ローワンの車保険は年間約6万ポンド(約1140万円)まで引き上げられている。

マクラーレン社は一般道向けの同様の車種をわずか64台しか生産していないと言われている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop