マライア・キャリー、『ゲーム・オブ・ウォー:ファイヤー・エイジ』の新しい顔に抜擢

マライア・キャリーが『ゲーム・オブ・ウォー:ファイヤー・エイジ』の新しい顔を務めることになった。現イメージモデルのケイト・アプトンに代わって同ゲームアプリの広告塔を務めるために、マライアは億超えの契約を結んだとTMZが報じている。その契約には、30秒のCM出演だけでなく、他のプロモーション撮影にも参加する内容が含まれているという。そのCMは『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のアラン・テイラーが監督を務め、2日間に及ぶ撮影になる予定で、マライアの音楽も起用されると見込まれている。

同ゲームは1日100万ドル(1億2000万円)を稼ぎ出すと言われていることから、マライアに高額のギャラを支払ったとしても、ゲーム製作者側を財政的に圧迫することはないだろう。

そんなマライアは先日、自身が料理上手だと話していた。女王様のように振舞うことで知られているマライアは、自身が料理ができるとみんなが信じないものの、ニック・キャノンとの双子の子供を妊娠していた際に料理の腕をあげたと話していた。「実は、料理上手なのよ。みんな私にこんな面があるって信じないけどね!妊娠していたとき、ちゃんと栄養を取る必要があったから、料理もっとし始めただけなの」「休暇の時やクリスマスイブはいつも料理するのよ。父親直伝のレシピでリングイネとホワイト・クラムのソースを作るわ。パパがレシピを私に残してくれたの。とてもよい料理人だったわ」「料理が大好きなのよ。クリエイティブで楽しいし、通常やっていることと完全に異なることだからね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop