ジョージ・マイケルが薬物乱用回復のためにリハビリ施設入り!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージ・マイケル(51)が薬物乱用の治療のためにスイスのリハビリ施設に入所したと伝えられている。一日25本のマリファナを吸っていたジョージは、ついにキュスナハト・プラクティスに助けを求めることを決めたと20min.chが報じている。

同施設のウェブサイトには「当施設ではアルコール、薬物依存、摂食障害、ギャンブル依存、セックス依存、ならびにインターネット依存の治療を行います」「その精神医学的治療にはパーソナリティ障害、うつ病、不安障害、強迫神経症、恐怖症、トラウマも対象となります」と記載されている。

同リハビリ施設の治療費は10万ユーロ(約1400万円)程といわれており、過去にはジョン・ガリアーノら有名人も入所している。

昨年3月には1年半以上もマリファナを吸っていないと話していたジョージは、止めた理由を数々の健康上の問題と警察とのトラブルを経験したからだと説明していた。ジョージは薬物の影響下にある状態でロンドンの写真店に車で突っ込んだことにより、2010年に8週間の服役刑の判決を受けており、服役後に「刑務所はよくはなかったね。『目立たずに、何とかやっていこう』って思ったんだ。でも自分がそこにいるべき人間だって知っていたから、自分が想像していたより簡単だったよ」とコメントしていた。

ジョージの友人達もジョージのリハビリ施設入りについてコメントしており、ある友人はジョージがリハビリ施設入りする直前まで実は一日25本のマリファナを吸っていたという噂に関してはコメントを控えたが、ザ・サン紙に「ジョージは具合がよくありませんでした。それ以上はいえないけど、ジョージが良くなることを私達はただ祈っています」とコメントした。さらに他の友人は「みんなジョージのことをずっと心配していました。ジョージへのアドバイスは明らかでした。『助けを求めるか死ぬか考えなさい』ということでした」と話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop