クリッシー・テイゲンとタイラ・バンクス、新番組共演するも不仲が明らかに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モデルのクリッシー・テイゲンとタイラ・バンクスが共演する新番組の撮影現場でほとんど口を利いていないという。スポーツ・イラストレイテッド誌の水着特集にも登場したクリッシーと米『アメリカズ・ネクスト・トップモデル』の司会者としても活躍するタイラは新番組『ザ・ファブ・ライフ』で共演を果たしているが、2人の間には「大きな違い」があるため関係が上手くいっていないと言われている。

ある関係者は「スーパーモデル2人を同じ番組に起用することは普通ありません。特に、年の差が10歳なんてね」「2人は全く違うタイプです。タイラは全てを考慮します。行動に移す前に何を言うかを考えるのです。ですが、クリッシーは新しい世代で、言いたいことを言いたい時に言いますからね」と明かす。

同番組の製作総指揮も務めるタイラは、ヤフー・スタイル編集長のジョー・ズィーやインテリア・デザイナーのローレン・マック、ユーチューブのリア・アシュレイなど「さまざまなライフスタイルに関する専門家」と率いるとみられている。

ABC局がタイラにクリッシーを「ソーシャルメディアの専門家」としてキャスティングするように頼んだというが、2人が同時に画面上に登場する機会は少ないようだ。別の関係者は「タイラとクリッシーがいろんな部分で一緒に司会をするというかたちで見ないでください」と話す。

一方でまた他の関係者が2人の間に何かあるというわけではないと不仲説を否定するコメントをしている。「タイラがクリッシーに問題を抱えているとしたら、クリッシーが番組に出ることはないでしょう。2人は友人です。何も問題はありません」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop