ロンドンの博物館が迷惑な蛾をゲイ化!

ロンドン自然史博物館が蛾をゲイ化しているという。同人気博物館は、蛾が展示品に被害を及ぼし始めたことで、さらなる繁殖を防ぐためにオス同士を惹きつけさせる対策を取っているようだ。メスの持つフェロモンでオスを覆うことにより、オス同士が生殖活動を行うようにするという作戦だそうで、この技術を開発した研究所の研究員によれば、この技術は「蛾のための避妊方法」とされているという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop