『ハロウィン』シリーズ最新作が製作へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代表的なスプラッター映画とされている『ハロウィン』映画シリーズの新作が製作されることになった。ディメンション・フィルムズとトランカス・フィルム社は、殺人鬼マイケル・マイヤーズを主役としたこのホラーシリーズがジョン・カーペンター監督に代わってロブ・ゾンビがメガホンを取った2009年作ぶりに復活することを発表した。2007年と2009年発表のシリーズ作を手がけたプロデューサーのマレク・アッカドは「『ハロウィン』の伝説はトランカス社が誇るものであり、またディメンションと共にその伝統を続けることを楽しみにしています」とコメントした。

新作の内容についてはベールに包まれているものの、ワンスタイン・カンパニーとディメンション・フィルムズの共同会長であるボブ・ワインスタインは、「シリーズ最高峰の怖さをお届けする」と約束している。「マイケル・マイヤーズは映画界から長らく休みを取っていましたが、我々はファン達が彼の復活を心待ちにしていることを知っています」「トランカス社とまた仕事に取り掛かることを楽しみにしていると同時に、代表的なこのシリーズ最高峰の怖い作品を世界中の観客にお届けすることを心待ちにしています」

この新作は7月にも撮影開始予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop