リリー・アレン、トップモデル事務所と契約

リリー・アレン(30)がIMGモデルズと契約したようだ。これまでにシャネルやハウスオブホランドに向けてモデルをしたことのあるリリーは、世界トップの国際モデル事務所とされる同社に所属することになったという。IMGのウェブサイトには「プラチナディスクを数々世に送り出してきたリリー・アレンが世界的な活躍に向けてIMGモデルズと契約を交わしました。現在第4作目のアルバムをレコーディング中のリリーは、これまでにシャネルやランキン、ニック・ナイト、サイモン・エミット、アンジェロ・パネッタ、デヴィッド・バシリエビッチなど数々のデザイナーやブランド、写真家たちと仕事をしてきました」と書かれている。

3年間の活動休止期間を経て2013年にシングル『ハード・アウト・ヒア』で音楽界へのカムバックを果たし、昨年にはアルバム『シーザス』を発表しているリリーは、現在ニューアルバムの制作に熱心に取り組んでいるところだが、今後も幅広く活動をしていくつもりのようだ。今回の発表ではさらに「2004年に印象的なデビューシングル『スマイル』でトップを飾って以来、リリーは世界中で500万枚以上のアルバムセールスを記録してきました。本国イギリスでの成功は瞬く間に世界中へと広がり、音楽のジャンル自体を定義付ける存在となり、音楽界の中心を若手女性アーティストへと向けることに一役買いました」「リリーがイギリスで最も興味をそそるポップスターになるにつれて、その作曲能力も数々のアワードで認められ、2010年にはアイヴァー・ノヴェロ・アワードで3部門を受賞しました」と続けられている。

夫サム・クーパーとの2児の母でもあるリリーは、今年になってからデンマーク発のブランド、ベロモーダの新しい広告塔としても発表されていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop