ペネロペ・クルスの父親が死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペネロペ・クルスの父親が死去したと報じられている。ペネロペの父エドゥアルドが18日(木)にスペインの自宅で心臓発作により死亡したことを、妻のカルメン・モレノの兄弟がオラ!誌に認めたようだ。医者が同日午前2時頃(現地時間)に自宅にかけつけたものの、すでに処置を施すことができる状況ではなかったとザ・トゥルース誌が伝えている。

エドゥアルドは3歳の娘セルマちゃんをもうけている現在の妻カルメンと12年の交際を経て2014年4月に結婚し、ラ・マンガの自宅近くにある美容院を共に経営していた。

さらに、エドゥアルドは元妻エンカルナ・サンチェスとの間にペネロペ、モニカ、エデゥアルドJr.と子供3人をもうけていた。ペネロペがハリウッドで成功の道を歩む一方で、モニカはスペインのテレビ女優として活躍し、エデゥアルドJr.はミュージシャンとして活躍し、エヴァ・ロンゴリアと交際していたことで有名であったりと、全員がエンターテイメント界でのキャリアを築いている。

夫ハビエル・バルデムとの間に2人の子供を持つペネロペは、父親との近い関係を楽しみ、家族が人生の中で一番大切だと以前話していた。「自分の人生のための時間が必要よ。母親になって、もっと変わったわ」「家族は私にとって一番大切なもの...子供を持ったら、自分で育てたいものね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop