チャニング・テイタム、次のジェームズ・ボンドを熱望?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャニング・テイタムは次のジェームズ・ボンド役を是非演じてみたいと思っているようだ。「007」シリーズの主役に興味があるというチャニングだが、ボンド役は「アメリカ人が演じるべきではないと」考えているという。「ジャンプ・ストリート」シリーズでは潜入捜査官役を演じているチャニングは、現在ダニエル・クレイグが演じているそのイギリスの諜報機関のスパイ役に興味を示しているものの、アメリカ人のボンドでは説得力がないため、オファーが来ても断ることになるだろうと話した。「断るのは難しいだろうね。でも分からないよ。ジェームズ・ボンドは常に生粋のイギリス人であるべきだっていう力強い内面の声が聞こえるからさ」

またチャニングはReddit.comでのファンとの質疑応答で、「007」シリーズに変化が見られるのは良いことだと思うものの、ボンドがイギリス人であるという設定は変わらぬべきだと話した。「物事を根底から変えることには大賛成だけど、「007」の真の本質としてはやっぱりイギリス人であるべきだと感じるし、アメリカ人がイギリス英語のアクセントで話しているようなのはだめだと思うんだ」

最近では次のボンド役としてイドリス・エルバがかなり有力視されてきているが、イドリス本人はそのチャンスは「立ち消え」になっているとコメントしていた。「本当に噂が先行しちゃって、それ自体をダメにしているよ」「もし俺がボンドになるチャンスがあったのだとしても、もう立ち消えちゃっているね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop