中国人女性が誤って全長14センチのスプーンを飲み込む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国人女性があやまって全長14センチのスプーンを飲み込んでしまったという。中国の武漢にある武漢大学の22歳のこの学生が病院を訪れた際、レントゲンを撮ったところ胃の中にスプーンが発見されたことで医師団はかなり驚いてしまったそうだ。

この女性の話によれば、アイスクリームを食べている際に友人から驚かされ、そのはずみでスプーンが喉の奥まで入ってしまったという。このアクシデントの後、胃が張った気がするだけで特に痛みもなかったというが、インターネットで調べたところ副作用が起こる可能性があると分かったため、慌てて病院に行ったそうだ。「たぶん私は叫ぼうとして口を開けた時に、口の入れていたアイスクリームがついたスプーンが喉の奥に入ってしまったのだと思います」とこの女性は話す。

この驚きの発見の後、医師団は喉から引き出す方法で無事にスプーンを取り除いたという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop