テイラー・スウィフト、一転してアップル社からのストリーム配信に合意

テイラー・スウィフトが自身のアルバムをアップル・ミュージックを通してストリーム配信することに「喜んで」同意したようだ。今週テイラーは無料トライアル期間中にアーティストに対して支払わない方針を打ち出していたアップル社から自身のアルバム『1989』をストリーム配信しないとしていたが、今回同社が方針を一転して無料期間もアーティストには支払う方向に譲歩したために、テイラーは同アルバムを同社から配信することに決めたという。

テイラーは「今週の様々な出来事の後に、『1989』をアップル・ミュージックで配信することを決めたわ...喜んでそうするわ...」「アップルが他のアーティストたちとしているような特別な契約かどうかって疑問に思っているかもしれないから言っておくけど、そうじゃないのよ」「私のアルバムをストリーム配信することに対して、ただ私が初めて正しいって思っただけなの。心変わりしてくれた有難う、アップル」とツイートしている。

昨年にもスポティファイから自身の音楽を撤退させているなどストリーム配信に巡っては確固とした態度を貫いているテイラーは、アップル社のアーティストに支払わないというの「驚くべき」方針をタンブラーで痛烈批判していた。「サービスにサインアップしている人ならアップル・ミュージックが無料3か月トライアルをオファーしているのを知っていると思うわ」「でも、あなたがアップル・ミュージックが作詞家、プロデューサー、アーティストたちにその3か月の期間に対価を計っていないのを知らないと思うわ」「本当にショックで、残念で、これは伝統的に進歩的で、寛大なこの企業のやっていることとは完全に思えない」

さらに、テイラーは、今回のアップルの決断が自身の資産に影響の及ぼすものではないだけでなく、自身のこの行動が甘やかされた、すねている子供がするようなことでもないと付け加えた。「この方針を変えるのに遅いことはないわ。私達だって無料のiPhoneをねだらないでしょ。だったら、私達の音楽を無料で提供したいなんて頼まないで」

このテイラーのメッセージが公開された後、アップル社のエディ・キュー上級副社長が方針を変更することをツイッターで発表していた。「アップル・ミュージックはストリーミング配信に対しアーティストに支払います。無料トライアル期間もです」「テイラー・スウィフトとインディーズ・アーティストの声を我々は聞きます。愛を込めて」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop