スヌープ・ドッグとドクター・ドレーが新曲で再タッグ!?

スヌープ・ドッグとドクター・ドレーが新曲で再タッグを組んでいるようだ。スヌープが24日(水)、自身のインスタグラムにドレーと一緒にスタジオにいる姿を映した写真に「誰が戻ってきたと思う?」というコメントと花火や銃、マイク、お札などの絵文字を使用したキャプションを付けて投稿したことで、ファンの間では興奮が巻き起こっている。

1992年にN.W.A として名を馳せていたドレーに発掘されたスヌープは、ドレーのソロデビュー作『クロニック』に参加したほか、1993年に発売した自身初のスタジオアルバム『ドギースタイル』でもタッグを組んでいた。

スヌープとまた共に仕事をしている様子のドレーは最近、弟子的存在であったスリム・ザ・モブスターとも一緒にスタジオ入りしているようだ。

スヌープはファレル・ウィリアムスのプロデュースによる最新アルバム『ブッシュ』を5月にリリースしたばかりだ。同作でスヌープはグウェン・ステファニーやスティーヴィー・ワンダー、ケンドリック・ラマーとコラボを果たしており、その制作中には27歳のケンドリックに対して、音楽業界で長続きする秘訣を教えていたようだ。スヌープは「常に自分に挑戦し続けて、人に意見に耳を傾けるように言ったよ。常にみんなと同じ視線で見られる位置に立つこともね。いつ終わりが来るかなんて分からないから、人より上だというような態度はとるなってこともさ」「ケンドリックはアイス・キューブとかイージー・イー、それにスヌープ・ドッグなんていう西海岸のヒップホップを見て育ってきたんだ。だからかなりやりがいのある下地が出来てるし、だからあんなに成功しているんだよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop