ボビー・クリスティーナ・ブラウン、意識不明になる直前に恋人に殴られていた?

ボビー・クリスティーナ・ブラウンの恋人ニック・ゴードンがボビー・クリスティーナの歯を折る暴行を加えていた可能性があるという。故ホイットニー・ヒューストンとボビー・ブラウンの娘であるボビー・クリスティーナの裁判所から任命された後見人ビディリア・ハーグローブ氏は、1月31日にアトランタ近郊の自宅の浴槽でボビー・クリスティーナが意識不明の状態で派遣されるわずか数時間前に起きた「激しい口論」の最中にニックがボビー・クリスティーナに暴行を加えたとして23日(水)、1000万ドル(約12億円)を求める訴えを提出した。

UsMagazine.comが入手したその法廷書類でハーグローブ氏は、4月に自殺をしようとしているところを母親に発見されてリハビリ施設入りしたニックが、ボビー・クリスティーナの髪の毛を掴んで上の階まで連れて行き、ボビー・クリスティーナの歯を折ったとされているようだ。深刻な脳外傷を負った状態でニックとの共通の友人によって浴槽内で発見されたボビー・クリスティーナの後見人は、次のような声明も出している。「本日私はボビー・クリスティーナ・ブラウンの代理として訴訟の申し立てをしました。ボビー・クリスティーナ・ブラウンの代理として正義を求める訴訟を申し立てたのです。男性であろうと女性であろうと、どんな人間でもボビー・クリスティーナが耐えている苦しみを味わうべきではありません。(伯母の)パット・ヒューストンとボビー・ブラウンはこの悲劇が起きて以来、ボビー・クリスティーナに出来るだけのことを全てしてきています。私は2人と密接に連携を取って取り組んできていますし、全員がボビー・クリスティーナへの最善を求めています。この訴訟はボビー・クリスティーナに対する正義を求める我々全員の努力です。我々は彼女のために正義が裁かれることを祈るとともに、それが迅速に行われることを願っています」

この訴訟では、ボビー・クリスティーナと結婚したと偽の証言をしていたニックが、本人の承諾なしにボビー・クリスティーナの銀行口座から1万1000ドル(約136万円)を引き出していた事実も指摘されている。

また、ボビー・クリスティーナの家族は同日、「状況の悪化が続く」ボビー・クリスティーナをホスピスへと移したことを明かしていた。ある関係者がTMZ.comに話したところによれば、家族は専門家から回復の「見込みがない」と伝えられたことで、全ての投薬を中止するという厳しい決断にたどり着いたのだという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop