エマ・ワトソン、新作『ザ・サークル』でトム・ハンクスと共演

エマ・ワトソンが新作『ザ・サークル』でトム・ハンクスと共演する。エマは「3人の聡明な男」として知られるトム扮する実業家と他2人が運営するインターネット会社に就職することになった大学を卒業したばかりの女性、メイ・ホランドを演じることになるようだ。トム扮するキャラクターのビジネス目標は、ユーザーのEメールアカウント、ソーシャルメディア、銀行取引、オンラインショッピングなどをウェブ上で結合し、透明性かつオープンな1つのオペレーションシステムを作ることだ。しかしエマ演じるメイはそのビジネスの本当の狙いが顧客、そしてスタッフの情報を集めて監視することにあるのを発見する。

当初、アリシア・ヴィキャンデルがメイ役を演じる予定であったがスケジュールの都合で降板せざるを得なくなっていた。

2013年に発表されたデイヴ・エガーズ著作の同名タイトル小説を基に、監督も務めるジェームズ・ポンソルトが脚本を書き上げている。キャスティングについてポンソルト監督はバラエティ誌に対し「エマ・ワトソンは私の好きな俳優の一人です。彼女の素晴らしい才能、感受性、深い理解力は『ザ・サークル』に活力をもたらしてくれるでしょう」と声明文を発表している。

そんなエマは現在ディズニーの実写版『美女と野獣』の撮影に入っており、新作映画『リグレッション』が近日公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop