ダスティン・ダイアモンド、4カ月の懲役判決

ダスティン・ダイアモンドが先日のバーでの喧嘩騒ぎを受けて4か月間の服役刑に科された。90年代に人気を博した米テレビ番組『セイブド・バイ・ザ・ベル』の出演者として最も知られるダスティンは、昨年の12月25日にウィスコンシン州で起きた事件で武器を隠して所持していたことと治安紊乱行為により、すでに有罪判決を受けていた。今回の判決についてポール・マロイ裁判官は「我々はこのようなかたちで生活をしてはいけないというメッセージをコミュニティに伝える」刑罰である必要があるとした。

一方でダスティンはこの審問で「この件に関与した全ての方々に心からお詫び申し上げます。これは私の人生におけるただ1つの最も恐ろしい経験でした」「ここ半年間に渡ってそのことばかりを考えています」と発言した。

目撃者の証言によれば、ダスティンの恋人アマンダ・シュッツがバーにいたある女性を押しのけた上に他の女性の腕を掴んだことからもめ事が始まったという。この件でアマンダもまた、治安紊乱行為により罰金を科されている。

25日(木)に行われた審問で、ダスティンは被害者のグループが恋人を傷つけようとしているところから恋人を守るためにポケットナイフを取り出したところ、争いの中で誤って被害者を指してしまったとした。ダスティンはこの懲役刑のほか、15か月間の保護観察期間と被害者への賠償金1105ドル(約14万円)の支払いを命じられた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop