映画『クルーレス』のミュージカル版が登場!

『クルーレス』がミュージカル化されることになった。10代の若者からカルト的な人気を誇った1995年作『クルーレス』が来月で公開から20周年を迎えることを記念して、同作のエイミー・ヘッカーリング監督がミュージカル『ロック・オブ・エイジズ』『ジャージー・ボーイズ』の演出家として知られるクリスティン・ハンギと共にブロードウェイミュージカル版を制作するという。エイミーはこのミュージカル版について「みなさんが本と呼ぶ脚本は書いたわ、ジュークボックスミュージカルよ。出演者についてなんだけど、それが一番の大きな問題ね」とコメントしている。

またエイミーは「すべてがゆっくりと進行するのよ。とっても時間がかかるの。映画の方が制作に時間がかかると思っていたわ。いつブロードウェイ化が実現するか言うのは難しいところね」と主役シェール・ホロウィッツを務めたアリシア・シルヴァーストーン、ポール・ラッド、故ブリタニー・マーフィーらが出演したオリジナル映画作よりもミュージカルの脚本を仕上げる工程は時間がかかるとET誌に語った。

ジュークボックスミュージカルに分類されることになる『クルーレス』のミュージカルには、オリジナル曲ではなく映画作品内でお馴染みのジル・ソベルの『スーパーモデル』、クーリオの『ローリン・ウィズ・ザ・ホミーズ』、ノー・ダウトの『ジャスト・ア・ガール』などが使用されることになるようだ。

過去には人気映画『キューティー・ブロンド』『ベッカムに恋して』などもミュージカル作品化している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop