マライア・キャリー、『アメリカズ・ゴット・タレント』と出演交渉中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マライア・キャリーが『アメリカズ・ゴット・タレント』の出演に向けて交渉に入っているようだ。昨年6月、アメリカの人気公開オーディション番組の司会であるニック・キャノンとの6年間の結婚生活に終止符を打ったマライアだが、昨年の『Xファクター』の最終選考の回で原因が公にされていない体調不良のために出演できなかった審査員のメルBが万が一休養が必要となった場合の代役候補にあがっているようだ。

ある関係者はライフ&スタイル誌に「番組側はメルBが休みをとならければならなくなった場合にマライアをおさえておきたいのです。マライアはスケジュールが合えば、出演すると言っているようです」と話す。

さらに、ニックは同番組のプロデューサー陣に別居中の妻を起用してよいと許可を出していると同関係者は続ける。「ニックが良いアイデアだと言った時にはみんなびっくりしましたよ」「マライアが出演するとなれば、見逃せない番組になりますね」

さらに、今シーズンを終えたら同番組から去ることを最近発表した審査員ハワード・スターンも、マライアの出演に賛成していると前述の関係者は続ける。「ハワード・スターンはそうなることを願っていますよ。マライアとニックが一緒になって欲しいと考えていますし、何が起こるかみたいのです!」

そんな新たに審査員になろうとしているマライアだが、以前『アメリカン・アイドル』の審査員を務めた後には、それが人生の中で一番最悪な経験だったと語っていた。「本当につまらなくて、フェイクだったわ。ごめんなさい、それってただ...フェイクていうのはつまり...人に言うコメントをつくりあげなきゃならないってことなの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop