謎の病気を患っていたジェシー・J、オーストラリア版『ザ・ヴォイス』生出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日病気を患っていることを明かしていたジェシー・Jが人気オーディション番組『ザ・ヴォイス』のオーストラリア版に生出演することになったようだ。同番組のイギリス版で初回から2シーズンに渡って審査員を務めていたジェシーは最近に入院中の姿をインスタグラムに投稿していたばかりだが、オーストラリア版のプロデューサー側は生放送が行われるまでにはジェシーが回復すると伝えている。同番組を放送するナイン・ネットワークの広報担当はメールオンラインに「我々はジェシーの順調な回復を祈っています」「我々はジェシーの病状が番組復帰へ影響があるとみていませんし、数か月後に番組復帰してくれることを楽しみにしています」と話した。

ジェシーは先週、病院で点滴を受けている自身の写真をインスタグラムに投稿し、手術を受けたというニュースを明かしていたが、それが何の病気によるものだったのかについては触れていなかった。その際ジェシーは「人間って辛いわよね。ノンストップでやっている時に限って体が今はダメって歯止めをかけるんだもの。予定外だったけど、今はそれに負けないように最善をつくしているところよ 」とコメントしていた。

オーストラリア版『ザ・ヴォイス』のシーズン2は初回放送が215万5000人の視聴者を惹きつけたのに対して155万7000人と不調な出だしとなっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop