『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜』に映画版登場か?

『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜』のクリエーターであるジュリアン・フェロウズは同ドラマの映画化を望んでいるようだ。ジュリアンは既に同ドラマがシーズン6で終了することを発表しているのだが、映画版のストーリーが既に頭の中に出来上がっているようで「映画用のストーリーの中核が何なのかはもう分かっているんだ。きっと楽しくなると思うよ。だって映画の予算であの作品を作るんだからね」と英ウィルトシャーで行われたザ・チョーク・バリー・ヒストリー・フェスティバルの会場で語っている。

しかし今のところ明確な映画制作の計画は無いようだ。「現在のところその計画は無いんだ。でもまだ分からないよ。舞台化なんてこともあるかもしれないし。だから最終章で全員を殺しちゃうのは間違いだろうね」「最終回にはいろんなものを持ってくることができるし、未解決は未解決なんだ。映画のアイデアを持っているしそれをやることに不安は無いよ。僕の経験上、無名のドラマシリーズの映画版ってがっかりするものが多いんだ」

そう語るジュリアンだが落とし穴がある危険性もあるため映画版を制作することについては複雑な感情が入り組んでいるともデッドラインに語っている。「普通ドラマシリーズの映画版ってあんまり良くないんだ。映画監督は『ドラマシリーズみたいにはうまくいかないよ』なんていうし、シリーズとまさに同じように作ろうとしているからね。僕たちはそういった間違いを避けることを願ってるけど複雑な心境だね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop