デビッド・ベッカム、今度はミニオンのタトゥーを入れる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デビッド・ベッカムが「怪盗グルー」シリーズのキャラクターであるミニオンのタトゥーを腕に入れたようだ。既にたくさんのタトゥーを入れているデビッドは、今回は3歳になる娘ハーパーちゃんからの影響を受けて新たにミニオンのタトゥーを入れたようで、妻のヴィクトリア・ベッカムは「ハーパーがパパのタトゥーコレクションに(ミニオンを)加えたのよ。太陽が照る中、ハッピーな火曜日」とキャプションを添えてその写真をツイッターで公開している。

しかしながら、このタトゥーは一時的なもののようで、夫妻の代理人はただのタトゥシールだとしている。 

家族にちなんだタトゥーを入れていることで知られるデビッドは、長男ブルックリンの名を1999年に背中に彫り、次男ロメオの名を首筋にいれている翼付の十字架の下に、クルス君の名はその下に入れている。さらに、ハーパーちゃんの名前は鎖骨の上に、そして、ヴィクトリアの絵は左の前腕部分に「永遠にあなたのそばに」という言葉とともに刻まれている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop