ロシアで謎の海の生物が発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアの海岸に毛皮を持つ巨大な海の生物が打ち上げられた。専門家たちはロシアの極東、樺太沿岸で発見されたこの謎の生物を「巨大なイルカ」だと考えているようだ。サハリン州の漁業海洋研究所のニコライ・キム氏は「皮膚の性質からして、稀な生物であることは確かです。近海に住んでいたわけではないのではないかと思われます。恐らくより温暖な海から漂流してきたのでしょう」と分析する。

イルカの様相を持ち、人間の2倍の大きさをしたこの巨大な死がいはところどころ骨などが露出したボロボロな状態で、科学者たちは先史時代の「突然変異体」でないかと考えているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop