ミランダ・カー、クリスマスに向けて自身のジュエリー・コレクションを販売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミランダ・カーがスワロフスキーとタッグを組んで自身のジュエリー・コレクションを発表することになった。すでに同ブランドの顔を務めているミランダが手掛けた2つのライン「ディアパソン」と「デゥオ」は、クリスマスに向けて秋に69ドルから299ドル(約8500から3万7000円)の価格帯で販売開始される予定だ。

「デュオ」はクラッシックでロマンティックな雰囲気をかもし出し、一方「ディアパソン」は宝石が施されたチェーンやペンダントなど重ねづけにぴったりなコレクションとなっている。

ミランダは同コレクションについて「自分が知っていて、こんなに確固たる歴史があり、素晴らしい原材料と技術、技能を誇るブランドとタッグが組めて本当に素晴らしい機会だったわ」と語る。

さらに「デュオ」は小さなハート、星、強さを表す邪視の形の飾りから愛や喜びといった感情を表現しているコレクションでもあるようで、ミランダは「これは、私のクリエイティブな面の更なる展開なの。美しいだけでなく、意味が込められているものを作るのが本当に楽しいの。このコレクションのように、全ての小さなパーツに特別な意味があるのよ」「実は邪視が私のお気に入りなの。自信をもって自分の人生を生きるって意味なのよ。みんなに合うアイテムがあると思うわよ」とWWDに語った。

スワロフスキーのロバート・ブッフバウアーCEOはミランダとのコラボを喜んでおり、このコレクションが成功すると見込んでいるようだ。「ミランダは自然に受け取られる存在なのです。ということは、それがプレス関係であろうと、我々の顧客であろうと、彼女は観る人々とつながることにおいての信用性が本当に素晴らしいものであるということです。彼女を見ると、笑顔を見せてくれる。それが非常に魅力的なことです」「サイズと値段のことの観点から見ても、世界でもかなりの成功を収めるでしょう」「このコレクションのテーマは愛、守護、ポジティブなメッセージを伝えることです。我々の商品の中にさらなる意味を持たせることができ、それをクリスマスの素晴らしいギフトとして提供できることで、プレゼントを贈る側にも簡単に選んでいただけますし、贈られる方にも簡単に理解していただけるでしょう」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop