エイリアンは人間のような姿であると生物学者が分析

エイリアンは存在し、人間のような姿をしているとある生物学者が分析している。進化論を展開する生物学者のサイモン・コンウェイ=モリス氏は新刊『ザ・ルーンズ・オブ・エボリューション』の中で、知性と革命は無作為に発生するのではなく、一定の生物学的な法則のもとで誕生するものだと唱えており、他の惑星に住む生物も人間のような形態で進化している可能性が高く、植物や海に囲まれて生活しているとした。

同書にはこう綴られている。「沸点に達したり凍結しないような住むのに適した環境であれば、どこでも知性を持った生物が発生することはあると思います。なぜなら知性とは一定の地に集まるものだからです」「それに人間の形態に類似したものである可能性はかなり高いと言えるでしょう」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop