J・K・シモンズとマイケル・キートン、『コング:スカル・アイランド』降板へ

J・K・シモンズとマイケル・キートンが『コング:スカル・アイランド』を降板することになった。撮影のスケジュールが今年末へと変更になったことを受け、2人は出演が難しくなったのだという。

トム・ヒドルストンが同作品に出演することに変わりはないようだが、製作チームは降板した2人の代役探しに奮闘しているところだとデッドラインが報じている。しかし今のところ代役の候補については一切明かされていない。

キートンは現在、児童虐待のドラマ『スポットライト』に出演中で公開間近となる新作映画『ミニオンズ』の声優としても登場していた。

その一方でシモンズは『ザ・アカウンタント』や『カンフー・パンダ3』の出演などさまざまなプロジェクトを抱えている。

誰もが知っている映画界で最も有名なキャラクターの一つ、キング・コングを描く『コング:スカル・アイランド』は世界中の観客たちを熱中させることを約束しており、製作会社としては『ジュラシック・パーク』のリブート版『ジュラシック・ワールド』のような成功を期待しているようだ。

そんな『コング:スカル・アイランド』は2017年3月公開予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop