メーガン・トレイナーが声帯出血によりツアーを延期

メーガン・トレイナーが声帯出血と診断されたようだ。回復のために歌うことはもちろん、話すことも禁止されているというメーガンはこのニュースをインスタグラムで発表し、今後に予定されていた「Mトレインツアー」の一部日程延期を伝えた。「みんなに心配をかけたくはないんだけど、私の声帯に出血が確認されたの。今はお医者さん達から完治するまでとにかく使わないように言われているから、アトランティック・シティとコネチカットの2公演を延期しなければならないの。埋め合わせはすると約束するわ」

メーガンはファンをがっかりさせることが一番嫌いだとして、感情的なメッセージをさらに投稿している。「ツアー日程を逃したことなんてなかったからすごく辛いわ。みんなのことは大好きだし、早く治して私たちがずっと取り組んできたこの最高のツアーをみんなに見せたいわ。チケットを買って、予定まで組んでいたみんなには心からお詫びするわ。私もすごく嫌なの」

先日にはサム・スミスやジェス・グリンも患っていたこの病気を治療するため、メーガンはニューヨークへと飛び立ったようで「今は違うお医者さんに会うためにニューヨークに来ているわ。すごく苛立っているのに何も声が出せないの。少なくとも兄のライアンがいることで笑顔にさせてくれているけどね。それに私を応援してくれているファンのみんな、優しいメッセージをありがとう」と投稿している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop