マイケル・ダグラスの母が92歳で死去

マイケル・ダグラスの母ダイアナ・ダグラス・ウェブスター(92)が亡くなった。マイケルの父カーク(94)の最初の妻であったダイアナは4日(土)、ガンの闘病生活の末、カリフォルニア州ウッドランドヒルズにある映画やテレビ関係者のための老人ホームで帰らぬ人となったとダイアナの現在の夫ドナルド・A・ウェブスターが発表した。

ダイアナとカークは1951年に離婚し、その後ダイアナは1956年に俳優のビル・ダリッドと結婚した。1992年にビルが亡くなり、その死から10年後にドナルドと結婚している。ダイアナは『ザ・ホワイトハウス』などのTVドラマや20作品以上の映画にも出演した経歴を持っており、2003年作『グロムバーグ家の人々』ではカークと夫婦役を演じ、同作品にはマイケル、そしてマイケルの息子キャメロンも出演していた。

カークとダイアナはニューヨークにある演劇学校アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで知り合い1943年に結婚。その翌年にマイケルをもうけ、1947年にプロデューサーである次男ジョエルをもうけている。

バラエティ誌によると葬儀はロサンゼルスで執り行われることになるという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop