エド・シーラン、中世を舞台とした新テレビ番組で演技に挑戦!

エド・シーランが中世を舞台としたテレビ番組で俳優デビューを飾るようだ。米テレビ新番組で演技に挑戦することになったエドは、その番組が「身の毛のよだつもの」になると約束した。「7月以降に俳優の仕事があるんだ」「多くのことは言えないけど、あのパイロット版がつい最近取り上げられたばかりなんだ。よかったよ。でもテレビ番組だよ」

さらに、パイロット版放送後に番組化が決まったそのタイトル未定の新番組は、友人が脚本を書いていることから、エドが役を勝ち取ることができたのだという。「中世を舞台としたテレビ番組で、本当にダークな内容なんだ。身の毛のよだつようなものだけど、僕の友人が書いたから大丈夫だよ」「前の番組でミュージシャン役がいたんだ。『あの彼はオーディションしたのかな?』って僕が聞いたら、友達が『いや、俺が彼がいいと思ったんだ』って答えたんだ」「だから、『僕を次の回に出してくれるかい?』って聞いたんだ」

そんなエドは豪ドラマ『ホーム・アンド・アウェイ』でカメオ出演したほか、HBO局のドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演したいものの、多忙なスケジュールのために出演が叶うことがなかったと話していた。「(『ゲーム・オブ・スローンズ』側は)僕をエキストラとして起用したいとずっと言っていたよ。クールなことだね。でも、彼らが撮影の時はいつも僕はイギリスでツアーなんだ」「でも、今年撮影の時に休みだったら、僕は彼らを追いかけまわすよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop