ニッキー・ミナージュ、フェスティバルに2時間半も遅刻!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッキー・ミナージュが5日(日)にロンドンで開催されたワイヤレス・フェスティバルのステージに2時間半も遅れて到着したという。ニッキーは同市内のフィンズベリー・パークにあるステージに午後7時から立つ予定になっていたが、ニッキーのその30分間のパフォーマンスのために観衆は午後9時半まで待たされるハメになり、そのことでヘッドライナーであったデヴィッド・ゲッタのパフォーマンスが30分間短縮されるにまで至っている。ニッキーはパフォーマンスの最後にその失態について「悪天候の影響で私の飛行機が飛び立てなかったの。でも私はみんなのことをどれだけ愛しているか伝えたいし、最初から応援してくれていることにどれだけ感謝しているかは知っててもらいたいの」と訴えた。

ニッキーは4日(土)に出演したデンマークのロスキルド・フェスティバルからロンドンに移動してきており、午後7時25分に主催者側から発表された遅延の説明によれば、向ってくる途中の高速道路で渋滞に巻き込まれているとされていた。

やっと到着した際にニッキーはTバックに黒のブラ、透け素材のネット地で腹部を覆うだけというセクシーな姿で登場し、『スーパー・バス』『スターシップス』『アナコンダ』などヒット曲の数々を過激なダンスを交えて披露した。

そんなニッキー遅刻のハプニングに見舞われたものの、ジェイデンとウィロウのスミス兄妹、シアラ、ジェシー・Jらも出演した同フェスの他のパフォーマンスは順調に行われ、ジョーダン・ダン、コナー・メイナード、テイラー・ロートナーらセレブを含めた観客たちは十分に楽しんでいたようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop