『キャント・バイ・ミー・ラブ』のアマンダ・ピーターソン死去、43歳

アマンダ・ピーターソンが43歳で他界した。パトリック・デンプシーと共演した1987年作のコメディ映画『キャンと・バイ・ミー・ラブ』のシンディ役で知られるアマンダが5日(日)、コロラド州の自宅で帰らぬ人となった。アマンダの父親は2日間アマンダと連絡が取れないことを不安に思っていたところ、5日に遺体で発見されたとTMZにコメントしている。アマンダの死因は明らかになっていないが、アマンダの父親は「彼女はいくつかの病気と睡眠時無呼吸の問題を抱えていましたので、それが原因かも知れません」と語っており、肺炎や副鼻腔に炎症がおきる副鼻腔炎をわずらっていたことも明かしている。

アマンダが出演した『キャント・バイ・ミー・ラブ』はオタクな高校生ロナルド・ミラーがアマンダ扮するチアリーダーのシンディ・マンチーニにお金を払い1か月恋人のフリをしてもらうというスティーヴ・ラッシュ監督によるロマンスコメディで、タイトルはザ・ビートルズの曲名にちなんで名づけられていた。

アマンダは1994年作のファンタジー映画『ウィンドランナー』への出演を最後に女優業を引退し、コロラドへと移住していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop