カサビアン、ポーランドのフェスティバル後ファンと朝まで飲み明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カサビアンがポーランドのオープナー・フェスティバル出演後にファンと夜明けまで飲み明かしたという。4日(土)に同フェスティバル最終日のヘッドライナーを務めたカサビアンは、パフォーマンスの後に何人かのファン達と一緒にビーチに行き日の出をみるまで夜を楽しんだようだ。

ある関係者はBANGショービズに「カサビアンは宿泊先があるソポト付近のビーチで朝の6時までファン達と飲んでいましたよ」と明かした。

同日、コーラスに特徴のある最新アルバム『48:13』の収録曲『バンブルビー』をオープニングで演奏し8万人もの観客を沸かせたカサビアンは、『シュート・ザ・ランナー』『イージー』『クラブ・フット』などの楽曲を含む90分のセットを披露してみせた。5年ぶりの同フェス出場となったカサビアンは、その盛り上がったパフォーマンスの余韻を引き続き楽しみたかったようで、同じくイギリス出身のバンドであるディスクロージャーのステージに乗り込んだりしていた。

4日間に渡って開催されたオープナー・フェスティバルでは、セイント・ヴィンセント、イヤーズ&イヤーズ、ホージアらも出演した。

同フェス出場前日には、カサビアンはロンドンで行われたO2シルバー・クレフ・アワーズでロイヤル・アルバート・ホール・ベスト・ライブ・バンド賞を授与されていたばかりだった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop