レディー・ガガのスタイリストが自身のブランドを発表へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディー・ガガのスタイリストがファッション・コレクションを発表することになった。今年のグラミー賞でガガが『サウンド・オブ・ミュージック』のパフォーマンスを行った際に着ていたアライアの真っ赤なグローブなどの衣装を手掛けたブランドン・マクスウェルが、9月のニューヨーク・コレクションの場で春コレクションをお披露目するとWWDが報じている。

ガガのインパクトのある衣装からトニー・ベネットと『チーク・トゥ・チーク』で共演する際の上品なスタイルまでを取り仕切るブランドンは、同コレクションが控えめなもので、そのデザインを「正当に見て」欲しいと話している。「コレクションは控えめであり、ちゃんと見てもらうことが大切なのです。女性のみなさんにその服を着てもらいたいですし、高品質で考え抜かれていると皆さんに言ってもらえたら嬉しいです」

さらに、ブランドンは自身の人生の中で出会った「強い女性たち」からデザインのアイデアをもらったと続けた。「今まで出会った強い女性から影響を受けた定番からアバンギャルドまで駆使したデザインすること、服を作るこという人生を通しての夢が叶うことにとても感激しています」

そんな中、ガガは今年2月のアカデミー賞を前にして、ブランドンについてコメントしていた。「ブランドンは私を真から美しい女性としてみた初めてのスタイリストよ。彼は自分に挑戦して極端なことを時々するだけでなく、私のために世界が私自身をみるようにするときもあるの。私の生活全てがレッドカーペットになったわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop