ポール・マッカートニー、故ジョン・レノンが生前の活躍よりもその死が有名と発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポール・マッカートニーは故ジョン・レノンが生前の活躍よりもその死で知られていると考えているようだ。ポールは今のジョンはその活動よりもニューヨークで銃で撃たれて死亡した殉教者としてのイメージのほうが強いと感じているとエスクァイア誌に語った。「ジョンは素晴らしい仕事をしたよ。ビートルズ脱退後はもっとすごいことをやったよね。でも、そんなによくない作品もあったけどね。今、殉教者とまでなったジョンはジェームス・ディーンのレベルまできているか、もしくはそれを超えてしまっているかもね」「それはかまわないし、そうなっていることを認めるけど、今は歴史修正主義になろうとしていたことを理解しているよ。ジョンは選ばれし者だった、ってね」

さらにポールは、ジョンもしくはポールが単独で作ったとしても「レノン/マッカートニー」の名をクレジットに使ったことにも触れた。「あれはよいロゴマークだよ。ロジャース&ハマースタインみたいにね。ハマースタイン&ロジャースじゃしっくりこないよね。だから、OKだと思ったんだ」

自身が書いたと主張する名曲『イエスタデイ』については「僕は『「ポール・マッカートニー・アンド・ジョン・レノン」でいいかい?よいアイデアじゃない?』って聞いたんだ」「そして、『もう、なんだよ!』ってことになり、そうはならなかったんだ」とポールは話した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop