アーウィン・キーズが63歳で死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マーダー・ライド・ショー』や『ディボース・ショウ』で知られるアーウィン・キーズが63歳で他界した。アーウィンはまれに起こる腺障害である末端肥大症の合併症により、カリフォルニア州プラヤ・デル・レイで8日(水)に息を引き取ったという。アーウィンの姪レネ・ガラルザがこの悲報をフェイスブックで発表しており「深い悔やみと共にこの投稿をしています。早朝に私の家族は愛されたおじであり、兄弟であり、チームメイトであり、友人であったアーウィン・キーズが最後の幕を閉じました」「彼は今、私たちの天使となって見守ってくれることでしょう。おじの人生に関わってくださって皆さんに一家一同お礼を申し上げます。これからもとてもさみしく思われることでしょう」とコメントしている。

『マーダー・ライド・ショー』の監督を務めたロブ・ゾンビもまた、フェイスブックに「我々の友、アーウィン・キーズが他界したという辛いニュースを耳にしたところです」「アーウィンはとてもクールな人間で、『マーダー・ライド・ショー』のメンバーの中でも大きな役割を果たしてくれました。みんなから惜しまれることでしょう」と投稿した。

2008年に結婚したトレイシー・フォンテインを妻に持つアーウィンは最近、ホラー作『ポートエンド』の撮影を終えたところで、10月にサンディエゴで開かれるファンタスティック・ホラー・フィルム・フェスティバルで上映される予定になっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop