ナタリー・インブルーリア、6年ぶりのニューアルバムをリリースへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナタリー・インブルーリアがニューアルバムを発売することになった。ナタリーにとって6年ぶりのアルバムとなる『メール』には、ダフト・パンクやザ・キュア、キャット・スティーヴンス、ダミアン・ライスやトム・ペティなど男性アーティストによって執筆されて歌われた楽曲の数々のカバー曲が収録されるようだ。ナタリーはこのアルバムについて「私は歌うのが大好きよ。このアルバムでは私のお気に入りアーティスト達だけでなく、発掘した新人アーティストも含まれているの。デトックス効果のあるアルバムって感じだから、胸に抱えた重荷を解き放って、歌った後には力強さを覚えるような作品になっているわ。この作品をすごく誇りに思っているの。それにそれをファンのみんなと共有することを楽しみにしているわ」と語っている。

5年間の結婚生活を送ったシルヴァーチェアーのフロントマン、ダニエル・ジョーンズと2008年に離婚を経験しているナタリーは、私生活での問題からこの作品へのヒントを得たのだそうで「私の頭の中で考えていたことや、実際に取り組んでいることをテーマにした曲に惹かれていったの」と続けている。

アルバムのタイトルにもなっている『メール』はダフト・パンクの『インスタント・クラッシュ』のカバーとなるもので、ナタリーのお気に入りのようだ。「(『インスタント・クラッシュ』は)すごく素敵な話なの。この出来をすごく誇りに思っているわ」

ナタリーは7月29日にこの新作アルバムをリリースするだけでなく、12月にはシンプリー・レッドと共に全英ツアーも予定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop