ライオネル・リッチー、ニッキー・ヒルトンの結婚披露宴で歌を捧げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライオネル・リッチーがニッキー・ヒルトンの結婚披露宴でパフォーマンスをすることになった。10日(金)にケンジントン宮殿で行われるヒルトン家令嬢のニッキーとロスチャイルド家の御曹司ジェームズ・ロスチャイルドの結婚披露宴でライオネルが歌を披露することになった。

ある関係者はザ・サン紙に「ライオネルは忙しいスケジュールの中で、(イギリスの)ヘンリー・オン・テムズとスイスの公演の合間に休みがあります」「彼は通常結婚式ではパフォーマンスをしないのですが、ヒルトン家とは長年友人ですし、イギリスにもちょうど滞在していますからね」「彼らにとって、有名人に出演してもらうという感覚ではなく、古い友人が歌うという感じになるでしょう。とても素晴らしいものになることは間違いないでしょう」と話す。テレビ番組『シンプルライフ』でニッキーの姉パリス・ヒルトンとともにライオネルの娘ニコール・リッチーが共演を果した縁もある。

ライオネルの歌の後には、ニッキーの姉パリスがDJのパフォーマンスを行うことになっているそうで、ニッキーの独身最後のパーティーでは数曲歌も披露することも考えていると招待客に話していたという。

パリスが計画したそのパーティーは夜明けまで続いたために参加者は明るいピンクのサッシュをつけ、婚約指輪の箱のようなデザインのピンクのケーキやウォッカ、シャンペンを楽しみ、自身のシングル曲『ハイ・オフ・マイ・ラブ』を含むDJパリスが繰り出す音楽を楽しんだようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop