シュグ・ナイト、銃を持った男に襲われていた?

シュグ・ナイトが銃を持った男に襲われていたと主張がなされている。1月にもめ事の後に意図的に車で衝突したことにより実業家のテリー・カーターを殺害し、クレ・'ボーン'・スローンを殺害しようとした罪の疑いで現在拘留されているシュグだが、シュグのトーマス・メゼロウ弁護士はコンプトンのあるバーガースタンドの外でシュグは襲われ、数人が武器を持っている姿が映像に写っていると主張している。その映像は法廷では公開されなかったが、保釈金が1000万ドル(約12億円)から減額されることを目的にその存在がメゼロウ弁護士によって伝えられた。「他の方と同様にスローン氏も武器を持っていました。法廷に提出された映像の中にその武器が映し出されています」「この映像は(シュグが)悪意を持って襲われており、命を守るために逃げたのです。最も顕著なのがシュグを襲う1人が武器を振り回す模様が捉えられている部分です。この武装した人物が銃を落とした際には、仲間の1人が銃を拾い上げ、自分のベルトに閉まっている瞬間も映っています」

7月17日に開かれる保釈審問会でこの映像が公開されるかどうかは明らかになっていない。

さらに、メゼロウ弁護士は別の主張でシュグの犯罪歴が検察側で誇張されているとし、友人や家族、仲間がシュグが優しく慈悲深い人物だと書かれた手紙を集めているほか、他の声明では糖尿病、高血圧を持ち、片目の全視力ともう片方の視力も一部を失っているのに加え、脳腫瘍も持っている疑いのあるシュグにプライベートの治療を求めている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop