ベン・アフレック、監督兼脚本担当で『バットマン』単独作制作へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベン・アフレックが自ら脚本と監督を担当して『バットマン』の単独作を作るようだ。ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを演じる『バットマンvスーパーマンドーン・オブ・ジャスティス』でバットマン役を演じているベンだが、DCコミックのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジェフ・ジョンズと共同執筆した脚本を基にバットマンだけを主役に据えた作品を制作する方向だと言われている。その脚本の執筆はすでにかなり進んでいるとデッドラインは報じており、秋前にも完成する見込みだそうだ。

そんなベンは先日、バットマンというキャラクターがシェイクスピア作品のハムレットのように数々の異なる描写が可能なキャラクターだと話していた。「バットマンは言うなればアメリカ版ハムレットなんだよ。違った捉え方で色々な俳優が演じることを受け入れられるキャラクターなんだ」

そして自分が演じるバットマンは最後の力を振り絞った姿になるそうで、「彼は終わりに近づいていて、もしかしてこれが人生の終わりになるかもしれない。ある種、世界的にそのことに気づいている感があるんだ」と話していた。

ベンがバットマンとしてスクリーンデビューするザック・シュナイダー監督最新作『バットマンvスーパーマンドーン・オブ・ジャスティス』は来年公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop