ニッキー・ヒルトンがケンジントン宮殿で挙式

ニッキー・ヒルトン(31)とロスチャイルド家の御曹司ジェームズ・ロスチャイルドが挙式した。2014年8月にイタリアのコモ湖での休暇中に婚約していた2人は、10日(金)にロンドンのケンジントン宮殿内にあるサロン、オランジェリーで豪勢な結婚式を挙げた。

ヴァレンティノが手掛けた5万ポンド(約960万円)とも言われる、ロングスリーブ、ハイネック、長いトレーン、レースが特徴的な純白のウェディングドレスに身を包んだニッキーは、英女優ケイト・ベッキンセイル、英モデルのペトラ・エクレストン、富豪ジェームズ・スタント、元米大統領の娘チェルシー・クリントンらそうそうたるメンバーが参列する中、父親のリチャード・ヒルトンとバージンロードを歩いた。

その美しいドレスに刺繍がほどこされた長いベールと白いバラのブーケを持ったニッキーは、メイフェア地区にある高級ホテル、クラリッジスで準備をした後、薄いブルーにラメのベルトを合わせた花嫁介添人としてのおそろいのドレスを着た姉のパリス・ヒルトンと新たに義理の姉妹となるアリス・ロスチャイルドとともに黒のベントレー車で挙式会場に到着したとメールオンラインが伝えている。 

パリスは挙式前にニッキーとジェームズがケーキの前でキスをする写真をインスタグラムに投稿し、「妹が理想の男性を見つけたことがとても嬉しい。普通の生活の最中に時々愛は私達におとぎ話を演出してくれるのよね」と妹ニッキーへメッセージを送っていた。

2011年にペトラとジェームズ・スタント夫妻の結婚式でジェームズと出会ったニッキーは、9日(木)にはスペンサーハウスで前夜祭となるカクテルパーティーを開いていた。

さらに、複数の情報筋はライオネル・リッチーが披露宴でパフォーマンスすることを明らかにしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop