ドレイクとセリーナ・ウィリアムズがまた交際中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドレイク(28)と先日のウィンブルドン選手権で優勝を飾ったセリーナ・ウィリアムズ(33)が交際中のようだ。2人は先週に行われたビクトリア・アザレンカ戦にセリーナが勝利した後、会場内のクラブハウスでキスをしているところが目撃されており、その後10日(金)に行われた記者会見の後に抱擁を交わしていたり、2人の交際についてセリーナの親しい人間に話しているところが耳にされたりしている。ある関係者はザ・サン紙に「公にはセリーナは2人がただの友人だと言っていますが、ドレイクはこの大会中ずっとセリーナのそばにいますし、世間の目から離れてリラックスしている時には2人は明らかに付き合っているような雰囲気です」「それにセリーナのスタッフたちはクラブハウス内で信頼のおける人たちに2人のことを話したりもしています。セリーナは大会優勝に向けてとにかく集中しています。でもドレイクと過ごすゆったりした時間ももうけていて、ドレイクのワイヤレスでのステージを見に行ったり、ロンドン内で夕食に出かけたりもしていたんです」と説明した。

ドレイクはセリーナがウィンブルドン6度目の優勝を飾った際にもセンターコートで応援していた。そしてドレイクはセリーナがお皿の形をした優勝トロフィーを持った写真に「チャンピオン、ショータイムの時間だね。ウィンブルドンで食べ尽くした食事の量にぴったりな大きな皿だな!」とコメントを付けて投稿をしていた。

ドレイクとセリーナは2011年に交際していたが、2012年にはドレイクがモデルのドリシア・ブライアンとデートをしている姿が目撃された。ドレイクとの破局後、セリーナはその経験について「私もみんなと同じようにミスを犯すわ。でも前回の交際はあまりにも辛いものだったの」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop