リアム・ギャラガー、リー・マバーズと共同アルバムを制作中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ギャラガーがラーズのリー・マバーズと作曲活動を行っているようだ。リアムとリーは2カ月ほど前から一緒に曲を作り始めたようで、コラボアルバムというかたちで新作をリリースするつもりだと言われている。ある関係者はザ・サン紙に「リアムは私生活でのトラブルはさておき、音楽については常に真剣に取り組んでいますので、引退したり、兄のノエルがオアシスの活動を再開するのを待っていたくはないんです」「リアムはずっとラーズとリーの音楽のファンでしたので、オアシス全盛期の1994年にラーズがサポートバンドとして活動していた際に親しくなったんです」「リアムとリーは音楽についてかなり似た考えを持っていますし、リアムの曲のほうがヒットしているとは言えますが、リアムの声にリーの確固たるコーラスを加えたらかなり特別なものに仕上がる可能性も大いにありますよ」と話している。

また、リアムは過去にリーについて「リー・マバーズは最高さ。自分なりのやり方でやってて大好きなんだ。天才なんじゃないか?」「リーはちょっと気難しいところもあるけど、そういうやつってたまに必要だろ」と話していた。

このアルバムが完成すれば、リアムにとって昨年10月に解散したビーディ・アイの2013年作『ビー』以来初のニューアルバムとなる。一方でリーはインディアルバム『ゼア・シー・ゴーズ』で大ヒットを飛ばしたものの、ラーズが1990年に発表した唯一のスタジオアルバムでは同様の成功を収められなかった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop