アデル、妊活を理由にアルバムのリリース日を延期!? 

アデルの待望のサードアルバムが妊活のために延期になる可能性があるようだ。長年のパートナーであるサイモン・コネッキーとの間にすでに2歳にアンジェロ君をもうけているアデルは、ニューアルバムのリリースを延期してまで、もう1人子供を持つことを熱望しているようだ。

アデルの友人は「アデルは最低あと1人は子供が欲しいとはっきりさせていますし、子供が欲しくなり始めているようです」「彼女はサードアルバムに完全にインスパイアされた時期を通過し、今はただもっと子供が欲しく、普通の生活したいようです」と話す。

アデルはセカンドアルバム『21』を2011年にリリースしているが、それ以来次回作については沈黙を保っており、今秋のリリースになるのではと噂されていた。

別のアデルに近しい関係者もファンが首を長くして新曲を待ち望んでいる中でもアデルが最優先しているのは家族だとずっと言っているとデイリー・スター紙に話している。「ほとんどの人が自分の生活にふさわしいタイミングで子供を持つ中で、もしまた妊娠をしたら自身のキャリアは家族に合わせて調整するというかなり確固たる姿勢をアデルは持っています」

そんな中、ジェネシスのフィル・コリンズとアデルと曲作りをしていたが、アデルから連絡がなかったためにその話が白紙に戻ったのではないかと以前話していた。「彼女は完成させるためにある曲を俺にくれたんだ。初めは彼女から連絡がなかったから、オーディションに落ちたかもわからなかったよ」しかしある関係者がその後「ここ数か月間、フィルはまたその曲作りに取り掛かっているんです」「アデルは全ての仕事をしばらく止めていたんです。フィルだからという個人的な理由ではないんです。ただすべてが延期されていただけです」と話し、2人のコラボは続行したとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop