50セントが破産を申請

50セントが破産の申立をした。50セントが申請された書類では、資産と借金がどちらも1000万ドル(約12億円)から5000万ドル(約61億円)に上ると記載されているという。50セントはセックステープを流出させたことで女性に500万ドル(約6億円)の支払いを裁判所から言い渡された矢先にこの連邦倒産法第11章に基づき破産保護の申請がなされたとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。同裁判中にマンハッタン最高裁判所の判事が50セントの資産詳細を提出するように命じたが、50セント側の弁護人がすでに自宅のあるコネティカット州で破産を申請したことを告げたかたちだ。

一方で約2か月前にはフォーブス誌が50セントの資産を1億5500万ドル(約191億円)と推定していたばかりだった。2007年にコカ・コーラ社へと売却したビタミンウォーターの株がその資産額の決め手となったと思われていた。ある関係者は当時「50セントは6000万ドル(約74億円)から1億ドル(約123億円)くらいで売却したとみられていました」と話していた。

そんな首が回らない様子の50セントだが、あまり気にしている様子はなく12日(日)にはクリス・ブラウンらと写った写真をインスタグラムに投稿し、「こんなに楽しんだ年は今までにないよ。どこにいっても良いエネルギーがあるね」とキャプションを添えて今年が最高の年だとコメントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop