ジジ・ハディッド、ストーカーが原因で自宅売却へ!?

ジジ・ハディッド(20)はストーカーが原因で自宅を売りに出しているという。数週間前にマルセル・ポーターと名の男性がジジのニューヨークはソーホーにある自宅に幾度となく侵入を試みた末に逮捕されていたが、ジジはその自宅を245万ドル(約3億円)で売却という決断に至ったようだ。

TMZによると、その熱狂的なファンは、1度は警備さえもすり抜けてジジの部屋までたどり着いたことがあったという。マルセルはジジについての更新情報をフェイスブックで何度も投稿していた。ある時は「愛してるよ。もう全てを知っているよ。ソウルメイト、僕を待っていてね」と投稿し、またある時には「なんで僕に電話してくれないの?できるだけ早く直接会って話すからね。もう一度いうけど、愛しているよ」とコメントしていた。

さらに、マルセルはジジが自分のところにやってくるのを期待して自身の現在位置をフェイスブックで何度も公開していた。「ジジ、今クイーンズのホテルにいるんだよ。働いている間に君が行ったジムを見つけようとしているんだ。紫のズボンにサングラス姿の君が好きだよ、僕のソウルメイト。僕がよろしく言ってたって、君の友達に伝えておいてね。特に、テイラーにはね」さらに先月には「今日はワシントン・スクエア・パークに今でもいつでもおいでよ。僕は子供用の人工芝生のそばで一日寝転がっているからね。日の入りまでどこにもいかないから、君は指輪が添えられた僕のトランペットをもらえちゃうよ。黒の靴下、黒のスリッパ、グレーのシャツ、黒の短パンとキャップを身に着けているマルセルより愛を込めて」ともコメントしたりとジジに向けてのメッセージを執拗に送っていた。

マルセルは第4級のストーカー行為の罪に問われている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop